あしあと

 山の上にある金ケ崎の道場

【某日】レントゲンを想像して「指」の範囲を理解し小指無名指を絞る。正確には掌における二つの谷による。特に左半身において指に引っ掛ける傾向が出やすい。片手遠間打ちのさがった時の右手など。
腕全体の質量は重い。
1の素振りが柄頭を呼吸で押す形だとすると5の素振り(右→左)においては右回外 左外転+内旋しないと理が一致しない。
崩すきっかけを作り委譲させる?
股関節は胡坐をかく方向が可動域。フルに使うには前額面中央に常に中心がないと偏る。
臍で結べ→臍を中心(起点)として柄頭に糸を結う。その長さの直線距離を最大とした場合可動域は円(球)となる。その起点意識が臍から背中(真後ろ)になるだけでもまるで変わる。


【某日】直突き・・・尖端から起こらない為に股関節から(浮身)。前額面中央を中心として(正中)相互に骨盤を使い無足にて推進。※基本的に可動部からは動かない。加速度運動は禁忌。
返し突き・・・徹底的に知能線の左。体に沿って手繰る杖を実現するために右胸の折れと股関節の抜きはリンク。尖端は最短最速で到達が原則。
後ろ突き・・・右胸の折り。左手で突く気持ち。一文字腰。半端は×。
突き下段返し・・・前額面中央基点。さがり足の右着地は直で股関節。左腹斜筋は縮める。右は伸ばす。正中飛び出さない。右胸の折れで引き落とし。下段へ正拳。上段返しのイメージで右肩甲骨を浮かせ体幹と分離しつつ肘をたたむと窮屈さはやや解消されるか?
突き上段返し打ち・・・とにかく踵。上段に差し上げた時に左半身での打ち込みが容易にできる。頂点に振りかぶった時は首、顔、上半身は敵へ。打ち込みの継足で左足が奥まる場合の解消(簡易)。前額面中央の意識。自身の前(右)膝へ向かって振り下ろすイメージ。


【某日】打ち込み・・・下っ腹の引き上げは肛門の締めと骨盤後傾。着地は股関節にダイレクト。
下段返し予備動作・・・真下へ重心を下げつつの同様の身体操作。
面打ち後ろ突き・・・残身は右半身打ち込みと同じ形。左手で突く気持ち。
片手下段返し・・・どこを切っても前額面中央。払いは右胸の折れが肝。
片手八の字返し・・・同様の中心意識。右胸の折れと割れ。正中は常にまっすぐ。
完全停止。真っ向の崩しなど、仕手が方向を探している間、受けは崩せる。隙だらけ。一番良い形になるために寄りかかりや圧迫を気取られない程度で取り込むよう作る。密着とも言い難い。胸の消し。いわゆる構え。


【某日】八相返し後ろ突き・・・一つ調子。全て同時。全て一緒とは区別。右胸の折れでパタン。両手とも感情の谷。
八相返し後ろ打ち・・・左手頂点。杖は背中へくっ付く。残身は上下半身相混ざらず。上半身の状態により左構え杖の突き。右半身打ち込み。相通ずる。遊びは全て取る。
八相返しは特に4教ポイント固定で谷と谷を移動。右胸は割り左胸は折る。全て胸の動き(上下開閉)。0→100.。末端からは×。
八相返し後ろ払い・・・残身は両手とも生命の谷。胡坐から導かれる股関節意識と中央の基点。


【某日】左流れ返し打ち・・・転化は右肘をそのままスライド。肩甲骨外転。右足踏み込みで矢状面屈曲。首先行で後方へ注目。頂点への振りかぶり。コンパス×。腕全体を大振りせずコンパクト&直線&最短&右胸の割れ。
右流れ返し突き・・・転化は股関節と腰背部上縁の意識。右胸の割れから転化のプロセスで相手に対して左胸をピンニングし上下半身を混ぜずに撞木。矢状面屈曲から蹴らずに突く。
サイドキックするように踵から踏み出すのは股関節の可動域に倣うから故。2軸として動き右→左半身への打ち込み等は爪先の向きを意識的に転じる。


【某日】全局面において骨盤は相手に対して縦(矢状面上)にとる。直角斬りにおける展開も同様で元である中心部からセットする意識。
軸っぽくなる方の股関節は完全に捉える。全ての動きにおいていきなり全身が休まず動く。留守をさせない。各残身は完全停止。状況の逆転。常勝。完全停止が一番早い。


【某日】13の杖とりあえずの基本以前の前提。①基本通り。蹴らない。矢状面屈曲②サイドキック。爪先を転じるとき内側縦アーチを接する意識が肝。撞木の大事③蹴らない。腕の先から動かそうとしてもそれをもって相手の突きを弾く隙間がない想定で(※先を掴まれているイメージ)体の井桁のつぶし(胸の割れ折れ)で行う。双方生命線④小さな椅子に腰掛けるように。左胸の折れ⑤右胸の割れ。左胸の折れ。後ろからの突きをまずかわす。首が先行。コルセット禁止。0⇒10⑥八相の構えで骨盤縦位置のまま胸の割れで振りかぶる。その状態を制せられた時にぶつからず動ける。全部同時に動く矢状面屈曲&撞木の足を達成させるには両足のど真ん中を重心としてそこが着地するに合わせることで偏らず達成。振り下ろしは前膝に向かう⑦下段返しと同じ理屈。後方からの攻撃を弧を描いて払うのは遅すぎる。右手は杖の半分までスライド。左手は胸の割れで直線に引きつつ矢状面屈曲で弾く。その状態をベースに頭の位置を変えずに無足で足を踏みかえ骨盤は丸く捌き縦位置。残身の正中の基点は間違えない。両足の真ん中ではない。あまり前傾し過ぎずパタパタできること。⑧同じ⑨蹴らずにいきなり動く。両足中央の重心をそのままブレなくシフトさせるようにさがる。必ず半身。右胸は見せておく。左感情線。右生命線。一重身から半身に変化する際に能動的に上半身を捻ると後ろ足重心のへっぴり腰になりやすい。右胸を折れを上体の回旋主導で行う。外⇒内への右胸の折れでは一重身になりやすい。⑩両手の内は変わらない。双方同時に動作。片側主導ではぶつかる。制せられても動くように。頭の位置を変えずに無足で踏む。⑪0⇒10.制せられても動く。3点同時作用。左手で突く。右手頂点。両足中央シフト。⑫まず胸が落ちて状況を逆転。完全停止で完璧な基本の構え。⑬同じ


【某日】打ち込みは基本の教え通り左手がメインではあるが把持するポジション故。言葉に囚われると例えば右半身の際に左股関節矢状面屈曲と左胸の折れが逆行してしまい運動の作用として過伸展し相殺される。別々に同時が基本中の基本。どちらかが働きのメインにはなりえない。意味を思考すべし。
半身において相手に近い方の手で眉間を打ち砕くように撞木で出す。同側の胸を割ることで一文字腰達成が容易。撞木の足も然り。
手裏剣も遊びを取って無足&浮身で末端ではなく体幹部から稼働した方が良い。蚊を両掌で挟んで潰すのも起動としては同じ理屈。


【某日】内側縦アーチに割りばしを1本張り付けている感覚で動作するだけで矢状面屈曲は心持容易。



inserted by FC2 system